2007年06月28日

虫に食べられた島!?

瀬戸内海にある無人島・ホボロ島が「ナナツバコツブムシ」という
甲殻類の一種によって、消滅の危機にひんしているということだ。

原因は「ナナツバコツブムシ」が掘った穴に波が打ち寄せ、
岩が徐々に削られて侵食されていく。

世界的に見ても、島の地形を変えるほどの大規模な生物侵食は
珍しいということだ。ムシの力はすごい!

昭和3年の地形図では、最も高いところで21.9メートルだったが、
現在では高さ6メートルの岩が1つだけで、満潮時には大半が
水没してしまうという。

こんなこともあるんですね。

Σ(゚□゚ノ)ノエー!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!
posted by ☆そら♪☆ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。